トピックス

夏祭りや浴衣姿が必要なら着物レンタル着付けで和装を楽しもう

更新日:

まさに日本文化の代表!着物とは何かを解説

和服とも呼ばれる着物とは日本古来から伝わる日本の伝統的な衣服です。

この着物は多くの衣服と様々な面で異なる特徴を持っています。

例えば着方にも免許がいる位、技術が必要です。

それに作り手となる職人も独特の世界観を持っている方が少なくありません。

また、ドレスにも負けないくらいの見た目の美しさや華やかさもあります。

そんな着物についてお話しし、着物を服レンタルで利用するメリットについても触れながらお話ししていきます。

魅力的な理由:着物①見た目の美しさや華やかさ

着物の魅力として見た目があります。

目を見張るようなという表現がふさわしい見た目の美しさや華やかさ、刺繍や染め方によって立体感を持たせたり、図案にも加賀友禅などは枯れた葉をわざと入れると言った海外では考えもつかないようなアイデアを取り入れています。

そんな見た目の美しさ、華やかさもさることながら、もう一つ着物が持つ魅力があります。

それは心を磨くことができるということです。

着物を着ることによって身が引き締まり、行動や所作においても普段とは違ったものが要求されます。

そんな時、普段は気にも留めなかったような些細なものであっても慈しんだり、あるいは気遣いを行ったりします。

そう言った時に心が磨かれるというのです。

このように着物は単に外見を美しく見せ、身体が持つ美しい部分を強調させてくれるだけでなく、心を磨き美しくさせてくれるという効果も期待できるのです。

さらに飛躍すれば日本の家屋との相性も良いため、景観と衣服がマッチするというのも着物の魅力的な理由と言えます。

魅力的な理由:着物②芸術級の作品を作る職人のレベルの高さ!

着物は作り手も独特な世界観を持っています。

ドレスやスーツなどそれを手掛ける職人は素晴らしい技術と志を持って制作に励んでいます。

もちろん着物を手掛ける職人も例外ではありません。

日本古来から連綿と続く気概や美意識、そして技術は芸術の域にまで達しており、着物を飾るだけでも美術展を開催できるだけのパワーを持っています。

また老練な職人や優れた技術を持つ職人は地域や都道府県の無形文化財に指定される人物もいます。

更に優れた職人に対しては国から無形文化財の指定を受けることもあるのです。

これはいわゆる人間国宝と言うものです。

陶芸や歌舞伎、日本の伝統芸能の第一人者級の人物に送られるものになります。

つまり着物を手掛ける職人は芸術家と言う側面を持っていると言っても過言ではありません。

そんな芸術家が手掛ける衣類が着物だと思うと何となく魅力を感じる方は少なくないはずです。

そういった肩書だけでなく、掛けてある着物の模様や帯、小物に至るまで目を見張るような繊細さを感じさせます。

職人の技術や心の結晶を着ることができるのが着物の魅力です。

魅力的な理由:着物③様々な晴れの舞台で大活躍

着物はハレの日(おめでたい日、普段ない日)に大活躍する衣服です。

お宮参りから始まって、成人式や卒業式、そして結婚式と言った人生の晴れ舞台には必ず着物の姿があります。

たしかにスーツや礼服、ドレスでも対応できますが、それらにはない特別な華やかさが着物にはあります。

模様の美しさや作りの繊細さが織りなす華やかさがそうさせているのかもしれません。

また、個人のハレの日だけでなくスポーツや国際会議など国際舞台でも着物は活躍します。

国際大会や世界大会、オリンピックなどの表彰式でも着物を着た女性が登場しますし、国際会議や国際的な表彰を受ける際にも着物を着て登壇される方は少なくありません。

つまり個人にとっても日本と言う国にとっても晴れ舞台で活躍する衣服と言えるのです。

礼服で代用することもできます。

しかし着物ほど華やかな模様を持っているわけではありませんから、やはり晴れの舞台に似合うのは着物と言う点は否定できないのではないでしょうか。

このように晴れ舞台に似合う衣服と言うのも着物の魅力です。

着物と服レンタルの関係は弱点を補完し合う理想形

着物は見た目の美しさや作り手の気概、そして晴れの舞台に最適の衣服です。

しかしその反面様々なデメリットもあります。

それはコストやクリーニング、そして流行です。

コストは当然多くの職人や高級な素材を使っているため非常に高額になります。

ものによっては車が一台買えるくらいの高額なものも存在します。

クリーニングも大変です。

通常のスーツのような感覚でクリーニングを依頼することはできないため、専門の技術がある所へ依頼する必要があります。

また、時に修繕なども必要な場合があるため管理が非常に大変です。

そして着物にも流行があります。

祖母の代から代々と言う着物もありますが、見る人が見れば余程の価値があるものでない限り流行おくれのように映ってしまいます。

また日本人の体型は変化していますから、着こなしも変わってきます。

そのため祖母の時代のものが孫の体型に合うということはほぼありません。

それらの弱点を補完するのが服レンタルです。

このサービスを利用すればレンタルなのでコストは安く済みますし、メンテナンスもレンタル業者が行います。

それに流行に合ったものを揃えていますから、それらの弱点を補えるのです。

-トピックス

Copyright© 大人のファッション洋服レンタルサービス【シャレカリ】 , 2019 All Rights Reserved.