トピックス

子供服は入学式・七五三・発表会・卒業式など幅広いジャンルでお忙しになる!

更新日:

子供服と簡単に言うけどそれって何時までのこと

子供服って、一体何だろうと考えたことありませんか。
何歳くらいまで着るものを、子供服と呼ぶのでしょうか。

まとめてしまえば大体のところ、赤ちゃんから小学校の卒業あたりまでの服ですね。

まあ勿論、赤ちゃんの場合は新生児服とか、幼児服などもとも呼ばれます。
ジャンルとしてはそちらも確立していますが、一応子供服に加えていいでしょう。

また子供服を着せていいのかと迷うような子供もいます。
近頃は小学生でも、見た目大人に見えるような子供がいますから、ちょっと悩むこともありますね。

なので結構個人差はありますが、目安として上は小学校の卒業くらいまでと見ていいでしょう。

つまり、いわゆる成長期と呼ばれる期間ですね。
子供服というのは成長期に着る服と考えておけば間違いありません。

そして何しろ字のごとく成長期なので、あっという間に大きくなっていく時期でもあります。

一生懸命手縫いした服も、ちょっとよそ行きように購入したブランド品も、あっという間に着られなくなってしまうのですね。

子供であっという間に着られなくなるものの代表は

子供服のうちでも何よりも親が心を砕くものは、赤ちゃんの着るものですね。
妊娠中などに一生懸命手作りするお母さんも、まだまだ多いです。

またお父さんや親族は、かわいい赤ちゃん服を見つければつい、購入してしまうものです。

そして待望の赤ちゃんが生まれて、たくさんある新生児服をとっかえひっかえ着せて、嬉しさを満喫するのが普通ですね。

しかし気がついたら赤ちゃんが大きくなって、せっかく用意した子供服がすでに着られなくなってお蔵入り、と言うことも少なくないはずです。

張り切って用意したのにと泣く泣くしまいこんでそのまま、と言う人結構多いのです。

子供服の中でもこの新生児服とその後の幼児服、親が最も根性入れて用意するものの代表ですが、着られなくなってしまい込みの代表でもあるのです。

子供服の代表幼稚園から小学校までの服も同じく

さてその後、子供が幼稚園から小学校に上がって、ここもまた成長著しい時期でもあります。

ただ赤ちゃん時代と違って、この時期の子供服の場合はほとんどが普段の洋服です。
少し大きめのものを用意しておけば、結構長く着られます。

子供は動きが激しいので、サイズ的に着られなくなる前に擦り切れたりしてお蔵入り、になることも珍しくありません。

なのでお母さんたちとしては、あまりコストのかからない子供服を量を沢山用意する、ということになります。

もうここに来たら、手作り等というよりも既成品でコスパのいいものを選ぶようになりますし、経済的にもそちらがおすすめです。

普段着の子供服は実際、質より量と思っておくのが間違いありませんね。

幸い子供服の量販店も多くなりましたので、そういった場所での購入でまだこの辺りは充分に対応ができます。

子供服で困るのが中学に入る前のよそ行き礼服

普段着はそれでいいとしても、実はここでちょっと困るのがよそ行きや礼服です。

子供に礼服、と思うかもしれませんが、小学校の入学式とかに着る服も、ある意味礼服です。
また親戚の結婚式などの呼ばれた時に着る服も、子供服ながら礼服ですね。

中学や高校に上がれば、制服という便利なものがあります。
冠婚葬祭、学校の制服で全部まかなえるのがありがたいところです。

しかしそれ以前の、子供服を着ている年代の場合よそ行きはそれなりに一応用意は必要です。

でも一体、子供時代に礼服やよそ行きが必要になる機会は、何回くらいあるものでしょうか。
正直、回数は大変に少ないというのが事実です。

親戚の人の結婚式にお呼ばれして、これはきちんとした服が必要だということで、場合によってはオーダーする親もいるでしょう。

しかしその服、サイズ的に着られるうちにもう1回着る機会が来るかどうか、これわかりませんね。

そして子供服のブランド品とかいいものは、大人のものよりも高額であることが多いのです。
これは何とかしたい、と思って当然のことです。

なのでよそ行き購入前に、ちょっとこういった子供服をレンタルということ、考えてみませんか。

子供服のよそ行きは服レンタルの利用を

こういったあれこれを考えた場合、子供服の特によそ行き用のものは、服レンタルの利用がおすすめです。

今では子供のよそ行きなどを種類多く揃えている服レンタルの業者も増えています。
デザインやブランドも、選び放題です。

可愛い子供の礼服がレンタルでなんて、と思うかもしれませんが、冷静に考えてみれば最も効率的な方法です。

次は何時着るのかもわからない、その時に着ることが可能かもわからないよそ行きです。

ブランド品など購入したとしても、多くは1回着ただけで終わってしまいます。
しかもお財布には厳しいのが、現実です。

服レンタルでこうした子供服を借りれば、その時期の子供に最もよく似あう、サイズも問題ない品が用意できます。

その後のクローゼットの肥やしになることも、避けられますね。

近年のレンタル業者の場合、商品の手入れの良さは本当に素晴らしいものです。
大切な子供に着せても、問題ない手入れがされています。

よそ行きや礼服を成長期の子供に着せる機会があったら、服レンタルの利用をおすすめしたいですね。

-トピックス

Copyright© 大人のファッション洋服レンタルサービス【シャレカリ】 , 2019 All Rights Reserved.