トピックス

町で見かけた可愛い服が着たいなら服レンタルでみんなに自慢しちゃお♪

更新日:

可愛い服ってどんな服

男性に、可愛い服ってどんな服だと思う、と聞いた場合答えはいかがなものでしょうか。
好みの問題もありますし、返答は多分多彩でしょう。

では女性に同じ質問をした場合、答えはどうでしょうか。

流行などもありますので一概にこれと言った断言はできにくいのですが、少なくともリボンやフリルが頭に浮かぶだろうということは、想像ができますね。

フリルが大げさにではなく可憐についていて、リボンがウエストを絞っていたり、あちこちにアクセントでついていたりする服なら、大体が可愛いと判定されます。

色も、パステルカラー系の色合いの服が、可愛いと言われる範疇でしょう。

黒や赤のはっきりした色合いのものだと、格好いいと言われる方が多いですね。

白やピンク、淡い色合いの服が可愛いと呼ばれる服に分類されますね。

後はまあ、人それぞれの好みやセンスにもよりますが、少なくとも黒のかっちりしたスーツを可愛いと呼ぶ人はいないはずです。

可愛い服、お姫様っぽいけどエレガントより可憐、と言った感じでしょうか。

可愛い服を着たいと思うのは少女の夢

女性、少女時代は一度は可愛い服に憧れるものです。
漫画の影響も小説の影響もありますね。

いわゆるお姫様ドレスまでは行かなくても、ちょっとそっち傾向の可憐な服装です。

服だけではなくこういった場合、髪飾りや小物類も揃えて可愛く装いたくなるものです。

これが完全に子供、幼稚園くらいの子供の場合は、親が可愛く装わせたいということで、ピアノの発表会などでそうした服を着せるということありますね。

実際子供も、喜んで着ますからその点では大人と子供の利害は一致します。

しかし残念ながら同じ子供でも少女でも、基本的に可愛い服が似あう子供とそうでない子供はいるのです。

差別とかそういうことではなく、その子供の持っている雰囲気の問題です。
スカートを履いていてもボーイッシュな感じの子供、いますよね。

そういった場合下手に可愛い服を着せると、逆効果になることもありますので注意が必要です。

でもそういった子供も、可愛い服を着たいという気持ちは、心の底にあったりもするものです。

可愛い服は大人になっても着てみたいもの

子供時代に可愛い服を着た人も、子供時代には縁のなかった人も、大人になって自分で稼げるようになれば、服を買う自由も持てるようになります。

誰に何を言われようと、着たいものは着ると言う勇気があれば、似合う似合わないの問題ではなく着ることができるのです。

実際、普段の会社ではクールでいても、仕事がオフの時には可愛い服で可愛く装っても問題はありません。

自分の自由な判断で、装うことができるのです。

でもこの年令になると、可愛く装いたいけど流石に恥ずかしい、などという邪念も生まれてきます。

子供時代のように、着たいから着ると言う素直な気持ちが、大人になって人間同士の付き合いや柵もでてくると、失われてしまうのですね。

それでも心の奥底に、可愛い服を着てみたいという欲望、潜んでいる人は多いのです。

たとえ似合わなくても自分だけ楽しめればいいと、思ってしまう人いませんか。

可愛い服を着る自由は誰にだってある

似合わないから着られない、年齢が年齢なので恥ずかしい、そう思ってしまうのも仕方のないことです。

でも実際のところ、可愛い服を着るも着ないもその人の自由であることを、忘れたくはないですね。

少なくとも自分を楽しませるという一点だけでも、可愛い服を着て装うということ、たまにはしてみたいものです。

もし恥ずかしいなら、自宅でこっそりという手もありますし、一人旅でどこかに行った時に装ってみるということもできます。

特に外国ならば、着るものは皆自分の自由裁量で楽しんでいますから、似合わない可愛い服だって誰からも文句は出ません。

世間の目とかに縛られて可愛い服が着られなくなってしまったら、ちょっと旅に出て誰も自分のことを知らない場所で、装ってみるのはどうでしょう。

また自宅で、自撮りで楽しむという手もあります。

子供時代に、可愛い服は似合わないと言われたのがトラウマになった人も、こうした小さな冒険ならできるはずです。

でも購入するのも、そういったお店での購入だと恥ずかしいという人も、いないではありません。

いかにも可愛い感じの子の集団に、入っていくのも大人には勇気に必要なことです。

可愛い服は服レンタルを利用してしまおう

可愛い服というのは、実は毎日着られるものでもありません。
特に大人はです。

子供も、小さな子供の場合はよそ行きの範疇ですから、やはりしょっちゅう着られるものではありませんね。

学生、大学生ならまあ毎日着ることは可能かもしれません。

そんな可愛い服、似合う人も似合わない人も、購入したとしてもあまり着ることができないというのは、ちょっと残念ですね。

特に、あまり似合うタイプでない人の場合、購入しても着る機会を作れなくて、クローゼットの肥やしにということもあります。

なので、服レンタルの利用がおすすめなのです。

いわゆる可愛い服の場合、お値段的にもいささか高めです。
そうそう何着も購入はできません。

あまり着ない、たまに気分替えや自分の楽しみのために着る人には、購入自体もったいない感じもします。

服レンタルなら誰に臆すること無く服を選べて、しかも楽しんだら返せますので面倒がありません。

似合う人も、いまいち似合わなくても着たい人も、服レンタルでの可愛い服を思う存分選んで楽しんでみませんか。

-トピックス

Copyright© 大人のファッション洋服レンタルサービス【シャレカリ】 , 2019 All Rights Reserved.