トピックス

就職活動や転職活動で面接官に好印象を与えるファッションスタイルの極意

就職活動で重要な面接を効果的に進めるファッション

就職活動には面接がつきものです。

新卒採用であれ、中途採用であれ、面接の成否が採用に大きく影響するため、求職者はいかに面接を乗り切るかが重要になります。

もちろん面接は中身が重要です。

しっかりした履歴書や職務経歴書を提出し、面接で予想される質問についての答えを事前に準備しておく必要があります。

その上で、第一印象が反映する面接当日のファッション選びも大切です。

面接は限られた時間の中で行われるため、その中で面接官に好印象を持ってもらう必要があります。

就職活動のファッションと転職活動のファッションの違い

就職活動での服装といえば、リクルートスーツが定番です。

リクルートスーツは主に新卒の就職活動で用いられるスタイルです。

統一的なファッションとして、学生らしいフレッシュさを印象づけるところに特徴があります。

比較的安い価格で手に入るため、金銭的な余裕がない学生にとっても購入しやすいものです。

定番のスタイルであり、服装選びについて迷うことがない点も大きなメリットです。

学生の場合はリクルートスーツの着用で問題ありませんが、転職の場合になると状況が違ってきます。

転職活動ではリクルートスーツのような決まったものがないため、どのような服装で行えばいいか迷うこともあるでしょう。

リクルートスーツはあくまで学生の就職活動として使用する服装であり、転職活動として利用するのは不向きな面があります。

社会人としてすでに経験を積んでいるという意味でも、転職活動の場合はそれに合ったファッションを心がけることが必要です。

もちろん面接というきちんとした場であるため、面接官に好印象を与える落ち着いた服装であることが大切です。

そのため転職活動では一般的にビジネススーツを利用する場合が多いです。

ビジネススーツを上手に着こなすために意識したいこと

転職活動のファッションとしては、ビジネススーツであればどのような公式な場面でも通用するスタイルであり、問題なく利用できます。

大切なことは、自分が着たい服という視点ではなく、面接官からどのような印象を持たれるかという点です。

面接という公式な場に相応しい服装を考えることが、スーツ選びの大切な部分です。

リクルートスーツとは違って、ビジネススーツには個性も出ますが、適切な範囲内であれば問題ありません。

個性を強調するあまり場違いなファッションを選ぶことは避けるべきですが、問題のない範囲で自分が納得できる気持ちのいい着こなしができることは面接活動にもプラスになるでしょう。

もちろんこれは、高価な服装がいいという意味ではありません。

あくまでビジネスマナーに合致した服装という意味であり、値段的なことではなく、見た目の印象が大切です。

自分にとって好印象な人、信頼感の高い人の服装とはどのようなものかを考えれば、適切なスーツ選びの目安になります。

普段スーツを着る機会がない職場に勤めている場合でも、ストックとしてスーツを一着購入しておけばいざという時に慌てなくて済みます。

自由な服装でいいと言われた場合のファッション対応

就職活動や転職活動で困るのは、企業から「自由な服装で来てください」と言われた場合です。

自由な服装といっても、普段着るような私服で行っていいのか、スーツを着用しても問題ないのかなど、かえって悩みの種が増えてしまうこともあります。

自由な服装でいいという場合は、もちろんスーツでなくても問題はありません。

但し、プライベートで着るラフな服装をそのまま利用するのは好ましくありません。

自由な服装とはいえ、やはり公式の場であり、ビジネスマナーに沿った上での私服であることが条件です。

相手に奇抜な印象を与えることなく、安心感を持ってもらえる服装が大切です。

私服といっても、職場で着るオフィスカジュアルであることが求められます。

服装自由の場合でも、スーツを着て面接を行うことも特に問題ないケースがほとんどです。

但し、アパレル関係の企業などで、個人のファッションセンスを見るためにそのような面接スタイルを実施しているところもあります。

楽な服装でいいという配慮のもとに行われることも多いですが、ファッションセンスを確かめられている場合であればそれに対応する必要があります。

就職活動の状況次第で服レンタルを利用する方法もある

就職活動の服装について迷った場合は、就職サイトでの情報や、実際の店舗で店員の意見を聞くなどすれば適切なものを選ぶことができるでしょう。

面接活動については複数の会社で行う可能性もあるため、自分用のスーツを購入しておくことは必要です。

しかし使用回数が少ない場合や、極めて短期間の場合であれば、服レンタルを利用することも一つの方法です。

服のレンタル業者は複数存在し、簡易的に服を用意するには便利なサービスです。

面接活動に合致したビジネススーツも用意されているため、迷うことなく利用できる点もメリットです。

レンタル料は業者によって異なっており、利用が長くなれば追加料金が発生するケースがあるため、必ず確認しておくことが大切です。

また、自前のスーツであればいつでも利用できますが、レンタルの場合は服が届くまでの時間を考慮して利用する必要があります。

コストパフォーマンスや就職活動のスケジュールとの兼ね合いで、購入するか、服レンタルを利用するかを判断すればいいでしょう。

投稿日:

-トピックス

Copyright© 大人のファッション洋服レンタルサービス【シャレカリ】 , 2019 All Rights Reserved.